1・2年生は先生1人に生徒2人。
3年生からはマンツーマンを基本としています。
授業の中では生徒自身が「分かった」ことを自分の言葉で講師に話すことで本当に理解しているか、確認しながら進むことができます。また、分からないことがあった時はすぐそばにいる講師にすぐに聞けるため子どもひとりひとりとコミュニケーションを取りながら過ごすことができるのです。